攻略チャート

白鹿村

オープニング後、「莎花」に付いていき、白鹿村に向かう。
村の人に話しを聞き、広場にいる「凛」ちゃんに会う。夜7時以降に凛ちゃんの家に行く。家の周りに石像が置いてある家が「凛」ちゃんの家。
イベント後、「莎花」の家に戻る。夜9時になると自動で帰宅するので、9時まで時間を使ってよい。


次の日に「莎花」と一緒に白鹿村を回って話を聞く。井戸前にいる「毛月芳」に話かけると、「王文」の家にゴロツキが来たという手がかりを得る。
「陶陶特価」にいる「王文」に話しかける。次に「王世仁」に話を聞きに行く。「花橋」で門番をやっている「劉」に話しかけると、「狼回山」にいることを伝えられる。
「狼回山」で牛の世話をしている「王世仁」に話しかける。酒場でゴロツキのことを話していた「顔に傷のある胴元」を探すことになる。
花橋を渡った辺りで、莎花とは別れて行動することになる。
「顔に傷のある胴元」は広場にいるバケツ石投げ屋のこと。話しかけるとバトルすることになり、勝利するとゴロツキに絡まれていたのは「花鳥風月の胴元」であることを教えられる。
敗北しても何度でも挑戦できるので、勝てない場合は無理に挑戦せず、クンフーで攻撃力や体力を上げてから挑戦する。


花橋近くの川沿いにある「遊楽園」へ行き、話を聞くと夜7時から「花鳥風月の胴元」が営業するのでそれまで待つ。
「花鳥風月の胴元」に話しかけ、「花鳥風月」をプレイし、勝利すると話を聞かせてもらえる。単純に4分の1なのでそのうち勝てる。
勝利すると、ゴロツキが「ひまわり畑」へ向かったことを聞かされる。


広場の奥にある「ひまわり畑」へ行けるようになる。そこで話を聞くと、子供たちがゴロツキの話をしていたらしい。
子供たちには朝の早い時間になら会えるので、次の日の朝一番で「ひまわり畑」に向かう。

ひまわり畑のかくれんぼ

明朝、子供たちに話しかけると、かくれんぼをして全員を見つけると教えてもらえることになる。

  1. ひまわり畑の中
  2. 馬歩のすぐ隣の家(池のそば)
  3. 野菜無人販売所の隣の家の裏手(はしごの上)
  4. 他の3人を見つけた上で、川の手前の石像が置いてある家の中にいる

荒らされた家の中で手がかりを見つける。

  • 入って正面の戸棚の最下段に「写真」
  • 奥の部屋のベッド脇にフォークリフトのおもちゃ(男の子に返すと「冬虫夏草」を貰える)
  • パーテーションの下に名簿のようなもの

夜に「莎花」の家に帰ると、情報をもっと集めるために石彫師を探して話を聞くことになる。

パンダ市場

村の人に話を聞き、「広場」に住む「周」を訪問するよう言われる。次に「可」の家を訪ねる。
「可」の家は「パンダ市場」にある。「パンダ市場」は鐘楼のかぼちゃ畑を越えた先にある。
「可」の家は「パンダ市場」の一番手前の石像が置かれた家に住んでいる。訪問すると留守なので、「パンダ市場」の人に話を聞くと夜7時になら在宅しているらしい。
夜7時以降になってから、もう一度訪問する。次に名簿に残った一人「燕心」を訪ねる。

負けイベント1

「燕心」は「彩水」にいる。「ひまわり畑」を越えた先の「彩水」入口辺りの橋に差し掛かった所で戦闘イベント。
ゴロツキ2人組と同時に戦闘になるため、あらかじめ体力を回復しておく。
勝利すると、連続で大男との勝負となる。強敵だが、この戦闘は負けてもストーリーは進行する。
「燕心」の母親から「燕心」は「木仙」にいることを伝えられる。「木仙」は「パンダ市場」の先にある。
「木仙」の「公堂」を訪れる。「木仙」が無事だったことを「莎花」に伝えに戻る。

三清泉・満願寺

明朝、「莎花」が待っている「三清泉」へ向かう。「三清泉」は「ひまわり畑」を抜けた先。
そこで「鳳承旭」に「満願寺」の住職を訪ねるよう言われる。
「満願寺」の宝物殿を調べる。最奥にある花橋が写った写真を調べるとイベント進行。他に取得できるアイテムなどは無い。「花橋の写真」と「絵馬」を獲得。
写真を見せるために「莎花」の家に戻る。当時のことを知っていそうな「葉」おばあさんに話を聞きに行くことになる。


広場にいるいつも歌を歌っている目の見えないおばあさんが「葉」。
「葉」おばあさんに話を聞こうとするも、教えてもらえない。
すぐそばの「満腹食道」の「江玉」に話を聞くと、「望洛台」に住む「蘇」という人の情報を貰う。


「蘇」の家は「望洛台」の奥。訪問して「孫」に話を聞くことを提案される。
「孫」の居場所を見つけるため、「三清泉」の「鳳」を訪れる。

「孫」は「古寺」にいるが、訪れる前に市場で売っている「饅頭」と「酒」(どちらも種類はなんでもよい)を2個ずつ用意していく。
迷路のように入り組んだ「ひまわり畑」の中から「古寺」へ行ける。
「饅頭」と「酒」を使い、「花橋」と「拳法」について話を聞く。「莎花」の家に戻る。

負けイベント2

次の日、「莎花」と共に「木仙」へ行く。「パンダ市場」を出た辺りからQTEイベントが始まる。
一人目は「B」(箱コン)「○」(PSコン)、二人目は「→」。
その後大男と戦闘が始まるが、今回も負けイベントなので、負けても変わらずイベントは進行する。

老酒2000元

拳法に詳しい人を探す。「三清泉」の「鳳」を訪ねる。次に「古寺」の「孫」を訪ねる。(饅頭と酒)
陶陶特価の壺の中に隠された五十年物の老酒を2000元で買う。

  • お金の稼ぎ方
    急いで稼ぐ時は、落とし玉で稼ぐのが最も効率が良い。
    「遊楽園」のイッパツの白虎、もしくはマルイチの真ん中の台は比較的当たりやすく効率が良い。
    一度会話を終了させてから、再度話しかけることで胴元の音声をスキップできるようになり、若干サクサクプレイできる。

元手が少なければ、最悪SAVE&LOADで増やす。
ギャンブル以外では時間がかかるが、釣り系のたのまれ事をこなしつつ、魚を釣ってお金を稼いでも良い。

孫の修行

老酒を渡したら、「武功館」の「白虎」を倒すように言われる。倒せない場合はクンフーレベルを上げる。
すでに倒している場合は、そのままニワトリを捕まえる修行が始まる。
ニワトリに近づいていってQTEを成功させると捕獲。○と□(BとX)が交互に出る。
「莎花」の家に帰る。


次の日も「孫」に会いに行く。馬歩と、ニワトリ捕獲の修行を行う。
今回は○と□と△(BとXとY)を使う。


次の日も「孫」に会いに行く。鶏歩という修行を行い、ニワトリ捕獲の修行を行う。
今回は○と□と△と×(ABXY)を使う。クリアすると鉄山靠を教えてもらえる。ムービー中にQTE(△○×□○)(YBAXB)

ゴロツキのボス戦

「木仙」へ行き、ボスを倒す。まずはゴロツキ2人との戦闘。
すぐに大男との戦闘が始まる。倒したら鉄山靠QTEでとどめを刺す(△○×□○)(YBAXB)
ムービー中にQTE「→」が入る。


ゴロツキのボスを尋問する。
一通り聞いたら、「葉」おばあさんの家に向かう。


「葉」おばあさんの家の中を探索して木札を6枚探す。

  • 開始正面の壁側にある棚の右側の引き戸
  • 天秤のある棚のガラス戸の左側の引き戸
    • 角にある小さな棚とその奥の棚を動かし、奥の棚を探索する
  • ガラス戸の棚の中
  • ↑の棚の隣の棚、下から2番目右側の引き出し
  • 鳥かごの下の引き出し
  • ↑のすぐ左隣の引き戸

鐘楼に昇ると白鹿村には戻れなくなるので注意。

鐘楼

6つの木札を模様に合わせて差し込む。

  • 手・拳
  • 鳳凰・龍
  • 亀・鶴
  • 盾(北斗七星)・剣
  • 太陽・月
  • 饅頭・酒

輪蔵の鳳凰の模様を調べる。
輪蔵を回す。回す方向は「右右右左左左右右」。
QTEイベント「←・↑・△(Y)」。

鳥舞

船から降りたら、「鳥舞旅社」に向かう。部屋は201号室。
明朝、「名店街」へ向かうとQTEイベント発生「×」。
奥に進み、「京劇面具」の店主に話を聞く。
「乗船所」の写真を調べる。右端にある「袁」が写った写真を見つけると自動的に「鳥舞旅社」に戻る。


「屋台街」の仏具屋を探す。
「屋台街」の奥にある「仏像市場」の子供に話しかける。
夜8時以降にもう一度訪ね、話を聞く。話を聞くと自動で「鳥舞旅社」に戻る。


「名店街」の奥へ進む。乾物屋の近くへ行くとQTEイベント。「△・□・○」。「万来軒」に向かう。
「万来軒」に近づくと赤蛇2人組と戦闘。QTEイベント「×・↓・←・→・↓・○・←」。
「屋台街」の奥へ進むと、レンとの遭遇イベント後、「万来軒」に戻り、話を聞く。


「花咲寺」に向かう。
「六角通り」に向かい、「六角堂」へ入る。荒らされた「六角堂」内で「六角堂に落ちていた紙切れ」を入手。
奥の本堂へ向かうとQTEイベント。「→・△・×」。


「六角通り」の「北京烤鴨飯店」の店員に話しかける。
「六角通り」の奥にある「鴨子天国」へ行き、「文俊勇」に話しかける。
話しかけるとアヒルの捕獲を頼まれる。鶏修行と同様に、近づいてQTEを成功させると捕まえられる。


「新天地」に向かう。「新天地」の「景品交換所」2階の「譚依若」に話しかける。
「木人喫茶」で話を聞き、「六合館」へ向かう。次の日にもう一度「六合館」を訪問する。

VIP会員

次の日、屋台街付近でQTEイベント。「→・←・←・△・×・↑・→・○・←・△・□・△・↓」。
自動で「鳥舞旅社」に戻る。改めて「六合館」へ向かう。「許」と散打を行う。
「萬金堂」へ向かう。「VIP会員」を探す。

  • 波止場の倉庫にいる外国人に話を聞き、「洪徳靖」に話しかける。
  • 新天地とその付近で「鴨子天国」の「文俊勇」に話を聞く。

上記のどちらかを行い、「鳥舞旅社」の「207号室」を訪問するが、いないのでフロントに話を聞きに行くと「203号室」にいることを聞く。
「203号室」を訪れるとVIP会員の紹介状を獲得。「萬金堂」へ向かう。


「萬金堂」でVIPカードを発行する。300元が必要になる。
「萬金堂」のVIPルームへ入るとゴロツキ4人組と戦闘イベント。

負けイベント

「鳥舞旅社」の裏(薪割りバイトの辺り)からレッドスネークのアジトへ行く。
アジトに行くと戦闘イベント。まずはゴロツキ6人組と戦闘後、すぐに大男との戦闘となるが、ここも負けイベント。
イベント終了後すぐに夜9時になり「鳥舞旅社」に帰還する。


翌日以降、乗船所にいるレンに話しかけると、再度ゴロツキたちと戦闘、連続で大男との戦闘になるがここも負けイベント。
イベント終了後すぐに夜9時になり「鳥舞旅社」に帰還する。


翌日以降、「六合館」に行く。「許」と手合わせを行う。
波止場隣の漁港に向かう。イベント後、すぐに夜9時になり「鳥舞旅社」に帰還する。

技書「鷂子穿林」5000元

翌日、クンフーができる場所を探す。
「六合館」で「許」に話しかける。ここで手合わせと馬歩を行う。
「木人喫茶」に行く。ここでも馬歩をする。
「ローズガーデン」へ行く。エントリーフィー800木札で試合をする。相手は八段の「リフ・タンブリン」。
いずれかの武術店で話しを聞く。選択肢を間違えると他のお店へ行き、正解するまで同じ問答を行う必要がある。正答は以下の通り。

すべて正解すると、そのお店で技書「鷂子穿林」が5000元で購入できるようになる。

  • 効率の良いお金の稼ぎ方
    鳥舞のギャンブルは難易度が高く時間が掛かってしまう。そこで技書「裏旋踵」を売りさばく。
    技書「裏旋踵」の交換に必要なアイテムは「史記」「後漢書」「三国志」「晋史」。
    1セット合計で14元。「裏旋踵」は120元で売れるため、差し引き106元が利益となる。
    技書交換は1個ずつなので、やや面倒な作業になるが、ノーリスクで効率よく稼ぐことができる。
    「三国志」のみ名店街の「西洋書城」に売っている。
    そのほかの3冊は屋台街の「老書店」に売っている。

技書「鷂子穿林」を買うとすぐに夜9時になり「鳥舞旅社」に帰還する。

莎花誘拐

翌日夕方5時になると自動でイベント、終了後すぐに夜9時になり「鳥舞旅社」に帰還する。
対岸に渡る船を探す。漁港にいる鵜飼(笠を被った人)すべてに話しかけると「貝」が出現するので話しかける。
話しかけると次の日に古城に行く。話しかけるともう引き返せないので注意。

古城

朝起きると、自動で古城へ向かうことになる。質屋の頼み事「紅玉の指輪」「レトロカメラ」「大皿」を入手する。
すべて2階の棚の上にあるので簡単に見つかる。すべてを見つけたら質屋に戻り渡す。
再度、2階に行き奥へ進む。最奥の右の扉を調べるとQTEイベント。「↓・○」
先へ進み扉を開けると、イベント後、大量の雑魚敵と戦闘しながら古城へ向かう。

途中に2度のインターバルがあり、大男とのボス戦。倒すとQTEイベント「○」「△○×□△×」。
先へ進み、雑魚敵を倒すとQTEイベント「△」。「寸拳」の要領でタイミングを合わせる。
引き続きQTEイベント「△・□」。

蘭帝との戦闘。ダメージは与えられない。時間経過で終了。エンディング。
クリアデータをセーブするとアイテム、所持金、木札、技書、技レベル、木人練習レベル、功夫レベルが引き継がれる。


コメントはありません。 攻略チャート/コメント?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-28 (木) 20:05:50 (260d)